工業用microscopeの基本知識

工業用のmicroscopeはさまざまな機能から用途に合わせて選ぶことができます。わずかな隙間から内部の確認箇所に機器を近づけていきます。目では見ることができない隙間であっても、microscopeを近づけることによって確認することが可能です。対象物は建物などの構造物だけでなく、パイプや機械などさまざまなものに対して高精度に見ることが可能になります。

新着情報

工業用microscopeの使用目的

工業用機器はほんの小さな不具合であっても大きなトラブルに発展してしまいます。トラブルを未然に防ぐためには、小さな不具合を発見することが必須です。工業用microscopeを使うことによって、肉眼では確認することができない小さな不具合を発見することが可能になります。

実体顕微鏡と工業用microscopeの違い

実体顕微鏡は倍率が2~30倍程度

実体顕微鏡は観察ができる倍率が、低倍率のものを差し肉眼で見ることが可能です。一般的に2~30倍程度の倍率でさらに標本が立体的に見るという特徴があります。主に時計や電子機器などの検査や組み立てを行うときに使われています。

工業用microscopeの倍率は数十~数百倍

工業用microscopeの倍率は一般的に数十~数百倍と高倍率ですが、肉眼では観察することはできないためカメラを通してモニターにて観察をすることとなります。パイプや精密機械、建物といった構造物などの観察に使われます。

工業用microscopeのメリットに迫る【用途は幅広い】

顕微鏡

工業用microscopeの活用場面

工業用microscopeは物を持ち込んで検査に使うだけでなく、持ち運んで対象物の内部にスコープを入れ込んで使うことも可能です。建物などの構造物に亀裂などが入っていないかの人間が入り肉眼で見えない場所の検査に使用したり、危険な場所に入らなくても内部を確認したりすることが可能です。スコープだけでなく光源装置を組み合わせることによって、暗い場所も光を照らして検査をしたり、タイプによっては計測したデータを表計算ソフトに転送したりとさまざまな活用方法が可能になっています。

女性

工業用microscopeにかかる費用

工業用microscopeはさまざまな種類があるため、どのようなシーンやニーズで使われるかによってかかる費用が異なります。種類の違いにはカメラの画素数の違いや持ち運びに便利なポータブルタイプ、計測した値のデータ化を行うなど機能によって費用は異なります。シンプルなタイプでは費用は20万円以下で購入が可能です。使いたい機能に合わせて商品タイプを吟味していきます。

工業用microscopeの購入方法

男性

使用用途から購入アイテムを探す

工業用microscopeはさまざまな販売店で、さまざまな種類が揃っています。用途に合わせてどんな機能を求めているか検討してから購入しましょう。

見積もりを入手して金額を確認

工業用microscopeは高額な製品も揃っています。見積もりを入手しましょう。

気になるアイテムはデモ機の利用

商品や販売店にもよりますが、デモ機の貸し出しが利用できる場合があります。

FAXや電子メールなどで注文

注文はFAXや電子メール、販売店サイトから可能です。注文後折り返し納期連絡が入ります。

代金の支払い後商品発送

代金の支払い後に商品が発送されます。一般的には請求書や納品書は商品と同送となります。